• カーオーディオオーディオ
  • セキュリティセキュリティ
  • ギャラリーギャラリー
  • コーティングコーティング
  • 地図地図
電話番号:0743-85-5840
メールでのお問い合わせ:MAIL
扉イメージ

デジタルプロセッサー
ナビはそのまま!純正でも!
音質アップへ

プロセッサーって?なんだろう?● 『ナビはそのまま、音は良くしたい!』という方にうってつけなもの、それがプロセッサーです。
イコライザー等の調整機能を持っています。

●プロセッサーはスピーカーに行く音楽信号をコントロールします。
音楽信号はナビ等からいったんプロセッサーに入れてスピーカーへと流れていきます。

●外部入力があり、i-Pod,i-Phone等のデジタル音楽信号をダイレクトで入力が出来ます。
ハイレゾプレイヤーを繋げてより高音質を手に入れることが出来ます。

●プロセッサーはどんなナビでももちろんディスプレーオーディオでもつなぐ事が出来ます。
車をお乗換えの際に載せ換えも可能です。

なぜ必要なのか?

●車内環境が悪いため
あなたのおクルマと家の部屋を想像して下さい

●位置関係
家のスピーカーは左右において真ん中辺りで聴きます。
しかし、クルマでは左か右に寄って聴きます。
左右の距離がぜんぜん違います。

●方向
家のスピーカーは正面を向いていますよね?
しかし、クルマのスピーカーはドアの足元辺りから真ん中のほうを向いています。
ツイーターは上を向いている場合も有ります。
方向、角度がばらばらです
こういう悪条件をプロセッサーで補正します。

 疑問、音質と空間、位置は関係ないのでは?

●家にオーディオを聴くと解るのですが、左右2個のスピーカーの真ん中で歌い、奥にドラム、右にギターという感じで位置が解ります。
普通に考えると、左右2個のスピーカーの場所からしか音は聴こえないはずですよね?
しかし実際はその間から聴こえます。
スピーカーの無い所から聴こえるわけです

●音とは左右の2個の耳で聞いたものを頭で融合して理解しているのです。
人の耳は想像の源なんですね、凄いですね!
素晴らしい音のスピーカーでも1個だけで聴いたら空間、位置が無く変な音に聴こえます。
例えばバランスでどちらだけ音がなるようにして聞いたら違和感が凄く、いい音とかを感じなくなります。

●つまりいい音とは音質だけでなく、空間、位置関係を想像させるところまで含めて成り立っているのです。
プロセッサーに補正された音はヴォーカルや楽器の位置もはっきりし、奥行き感も出ます。


大まかな機能の説明

①クロスオーバー スピーカーに行く音を分ける機能のことです。ツイーターには高音だけを、サブウーハーには低音だけを、というように音を分けます。

②イコライザー 皆さん良く知っている機能ですね。
音の一部分を上げたり下げたりします。
純製ナビに良くあるトレブル(高音)、バス(低音)もイコライザーの一種です。

③タイムアライメント 音を出すタイミングを変える機能です。
右スピーカーは少しだけ遅らせるというような使い方をします。すばらしい機能ですが、失敗するととんでもなくなってしまいます。
プロセッサーの一番難しい機能と言えます。


●システム構成1

フロント+リア(+サブウーハー)
一般的な構成です。
4chのプロセッサーで成り立ちます。

●システム構成2

フロントマルチシステム+リア(+サブウーハー)
各スピーカーを個別に鳴らすシステムです。
スピーカーの数分のチャンネルのプロセッサーを使用します。

●システム構成3

フロントマルチシステム(+サブウーハー)
各スピーカーを個別に鳴らすシステムです。
スピーカーの数分のチャンネルのプロセッサーを使用します。
リアスピーカーを鳴らさないためその分のコストも削減できます。

各スピーカーを個別調整可能にする

●例えば上記システム構成1の場合
フロント用2WAYスピーカーはドアスピーカー+ツイーターがセットで1個のスピーカーとして成り立っています。
つまりフロントの場合、左右で2個のスピーカーという扱いです。
リアも同じようになっています。
多くのシステムはこの構成を採用しています
売り文句で10スピーカーとか数を強調しているのを良く見ますが、((-_-。)(。-_-))
イエイエちょっと違います

スピーカーの多さと音質あまりは関係なく、スピーカー全てを制御できるかが問題です。

 バイアンプとマルチシステム

●バイアンプはクロスオーバーと呼ばれる機器を使用します。
これは高音はツイーターへ、低音はドアスピーカーへと音を分ける物でスピーカ-に付属しています。
これを使いつつツイーター、ドアスピーカーはそれぞれ1chずつ(左右で2chずつ計4ch)アンプを使用します。
下の図はイメージ図です。
ナビの内蔵アンプのリアスピーカー出力をツイーター用に使用してバイアンプとすることが多いです。
リアスピーカー出力をフロントで使うのでリアスピーカーは鳴りません。



●マルチシステムはクロスオーバーを無くしてダイレクト接続にします。
クロスオーバーの機能はプロセッサーに装備されているものを使います。
プロセッサー内のクロスオーバーはかなり幅広いセッティングが可能です。
下の図はイメージ図です。

どちらもスピーカーの数だけのアンプのチャンネルを揃え、1個1個をアンプ駆動します。
繰り返しますが、フロント用2WAYスピーカーは片側でドアスピーカーとツイーターをそれぞれ2個、左右で4個という扱いとなります。
つまり、フロントだけで4チャンネルのアンプが必要となります。
●圧倒的調整力が手に入る
例えば右ツイーターだけは少々音量を下げる、左ドアミッドスピーカーは音量を上げるというようなことももちろん、それぞれにタイムアライメント調整が出来、きめ細かい調整が可能になります。
クロスオーバー、イコライザーもそれぞれ別の調整をすることも可能です。

●バイアンプとマルチの差は? ナビにもプロセッサーは入っています。
一部の高級品を除きマルチシステムは組めません。
バイアンプはそんな場合に構築できる便利な方法です。
クロスオーバーの調整が出来ないのですが、温かみのある音になり愛好者も多いです。

マルチはカーオーディオの中では究極の接続方法と言えます。
リアスピーカーもセンタースピーカーも鳴らすことが出来ます。
コンペティションではほぼマルチシステムを採用します。
当店一押しはマルチシステムです。


カロッツェリア

  • 取り扱いの中で随一のコストパフォーマンス
  • スマホでの調整です
扉イメージ

DEQ-1000A

  • 4chアンプ内蔵型
  • 50W×4/50W×2ch+70W×1ch/2Ω
  • 小型サイズ/170×40×95(mm)
  • 31Bandイコライザー/クロスオーバー/タイムアライメント

BLAM

  • リーズナブルで多機能プロセッサー
  • 手始めに挑戦しやすい製品です。
  • スマホでの調整です
扉イメージ

RA704 DSP PRO

  • 4chアンプ内蔵型
  • 70W×4ch(4Ω)
  • 小型サイズ/184×38×114(mm)
  • 左右独立7BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント

μディメンション

  • 信頼のJAPANブランドのプロセッサー
  • もちろんハイレゾにも対応
扉イメージ

DSP-680AMP

  • 6chアンプ内蔵型
  • 55W×6ch/150wx3ch(4Ω)
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは200x150x44mm

 ハイレゾ対応

BEWITH

  • 世界に誇るJAPANハイエンドブランド
  • プロセッサー開発も長い歴史があります。
扉イメージ

P&P 640

  • 4chアンプ内蔵型
  • 25W×4ch(4Ω)
  • 超小型サイズ/164×33×97(mm)
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント

 ハイレゾ対応


BEWITH 1080

P&P 1080

  • 8chアンプ内蔵型
  • 50W×8ch/150W×4ch(4Ω)
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント

 ハイレゾ対応


AUDISON

  • 先駆者的なイタリア、オーディソン社
  • 日本でも古くから馴染みあるメーカーです。
扉イメージ

AP4.9

  • 4chアンプ内蔵型
  • 70W×4ch/260W×2ch(4Ω)
  • 左右独立10BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは191 x 131 x 34mm

 ハイレゾ対応


カロッツェリア FH9200dvd

AP5.9

  • 5chアンプ内蔵型
  • 20W×2ch+50W×2ch+150W×1ch(4Ω)
  • 左右独立10BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは191 x 131 x 34mm

 ハイレゾ対応


AUDISON

AP8.9

  • 8chアンプ内蔵型
  • 35W×8ch/130W×4ch(4Ω)
  • 左右独立10BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは191 x 131 x 34mm

 ハイレゾ対応


AUDISON

APF8.9

クラス最強出力

  • 8chアンプ内蔵型
  • 85W×8ch/260Wx4ch(4Ω)
  • 左右独立10BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント

 ハイレゾ対応


MATCH/HELIX

  • きめ細かい音質と調整機能を持つメーカー
  • エントリーブランドのMATCH
  • ハイエンドブランドのサウンドのHELIX
HELIX

M-FOUR DSP

  • 4chアンプ内蔵型
  • 100W×4ch(4Ω)/200W×2ch(4Ω)
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは 154×50×230(mm)

 ハイレゾ対応


M5DSP

M5DSPmk2

  • 5chアンプ内蔵型
  • 35W×4ch/90W×1ch(4Ω)/160Wx1ch(2Ω)
  • 超小型サイズ/110×35×85(mm)
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • 超小型サイズ 110×35×85(mm)

 ハイレゾ対応


MATCH

PP86DSP

  • 8chアンプ内蔵型
  • 55W×8ch(4Ω)
  • 左右独立30BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは185×44×154(mm)

 ハイレゾ対応


HELIX

HELIX V-EIGHT DSP MkⅡ

  • 8chアンプ内蔵型
  • 75W×8ch(4Ω)ブリッジ不可
  • 左右独立31BandパラEQ/クロスオーバー/タイムアライメント
  • サイズは220×44×180(mm)

 ハイレゾ対応

上記システム構成①の価格です。
必要配線、取り付け、サウンド調整費込み

独自のロスレス接続作業!ここをクリック!

  • 常時電源は室内から取得となります
  • 設置場所がトランク、ラゲッジの場合は¥16,500加算となります。
  • 純正サウンドシステム(トヨタプレミアムサウンド等)は上記の限りではありません

マルチ接続

プロセッサーの醍醐味。
サウンド調整の幅も一番広くなります。
フロント2WAYでも3WAYでも最高音質を

オプション料金 ¥20,000より

スピーカーケーブル引き直しが必須です。
ケーブルもお選びください。

コントローラー

ヴォリュームや切り替え等を行うコントローラー
これがあると非常に便利です。
取り付けにも拘ります

ギャラリー

アンプレスプロセッサー

更なる高音質を目指すアンプレス
お好みのアンプを組み合わせて至高の高音質を目指します。
まさに最上級のシステムとなります。

詳しくはこちら

PAGE TOPへ




BREEZE

奈良県大和郡山市井戸野町105-1

0743-85-5840

OPEN 10:00~19:30 火曜休

© BREEZE All rights reserved.